借金問題に悩んでいるなら弁護士に相談しよう!※今すぐチェック

借金問題に悩んでいるなら弁護士に相談しよう!※今すぐチェック

借金問題に悩んでいるなら弁護士に相談しよう!※今すぐチェック

借金問題を解決させる場合は弁護士に依頼しなければうまくいかないことが多いとはよく言われていますが、借金問題の解決の際に弁護士を介入させるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、弁護士は借金問題の解決を受けると、すみやかに全ての債権者に対して受任通知を行います。この通知によって、債権者からの借金返済の督促はすべてストップします。受任通知後の催促は法律に基づく処罰の対象となっているからです。一方で、督促が止まることで債務者はお金を一円も債権者に支払う必要がなくなりますが、全債権者を平等に扱う観点から、介入が終了するまでは一部の債権者だけにお金を返済するといったことはできなくなります。
また、本来借金を抱えた者自身で行わなければならないものを全て依頼された弁護士の方で行ってくれる点も大きなメリットです。例えば、債務者が債務整理を行うために自分自身で債権者と交渉しても、まともに応じてくれない場合が多いですが、弁護士に依頼することで交渉がスムーズにすすみ、債務者が望む結果が得られやすくなります。また、個人再生や自己破産における申立書類の作成や、個人再生における再生計画案の作成など、裁判所に提出しなければならない書類の準備も全て行ってくれます。依頼者は弁護士の指示にしたがって動けば良いので、借金問題における負担が大幅に軽減されます。
弁護士に依頼すると、高額の料金の支払いが発生する分、それを補って余りあるほどのメリットがあります。高額の料金の支払いは、交渉によって分割払いにしてもらうことも可能なので、借金問題の解決を行う場合は遠慮せずに代理人になってもらうよう依頼しましょう。