支払督促とは?~支払督促について徹底解説!お役立ち情報集~

支払督促とは?~支払督促について徹底解説!お役立ち情報集~

支払督促とは?~支払督促について徹底解説!お役立ち情報集~

消費者金融や銀行などから裁判所を通じて支払督促を送られる場合、ほとんどが同じ状況です。それは債務者が債権者からの督促に応じず、反応もしない場合です。たとえば、債権者から督促があり、それに応じて少額でも返済をすれば支払督促を送られるということはまずありません。
なぜ、少しでも返済をすれば支払督促が送られないかというと、債権者が支払督促を送ってくる理由として、時効になるのを防ぐためというのがあるからです。
消費者金融などが融資をして、債務者が返済を5年以上しなかった場合、その債務は時効になる可能性があります。もし時効になると、債務者の返済義務はなくなるので、債権者はお金を返してもらえないことになります。しかし、支払督促を送ることで時効になるまでの期間を延長することが出来ます。なので、債権者は支払督促を送ってくるのです。
では、債務者は支払督促を送られてしまった場合はどう対応すればいいのでしょうか。これは一つしかありません。異議申立書を裁判所に提出することです。なぜかというと、提出しないと裁判になってしまうからです。異議申立書を提出する段階で、返済するお金がなくても構いません。異議申立書に、いつから何回払いで返済するということを書けば大丈夫です。債権者は、債務者の希望する返済プランに納得すれば、そのプランを生かした返済計画書を送ってくるので、それで問題なければ署名をして送り返すといいでしょう。