一括請求が来たけど支払えません≪困った時の借金返済ガイド≫

一括請求が来たけど支払えません≪困った時の借金返済ガイド≫

一括請求が来たけど支払えません≪困った時の借金返済ガイド≫

借金の延滞には2つの見られ方が存在します。
一つ目は個々の金融会社の延滞の捉え方です。
この場合は1日でも延滞した場合でも滞納扱いであり、その後返済したとしても信用情報機関には延滞の記録が残ります。
金融会社は本人確認情報や貸付情報が変わるたびに指定の信用情報機関に登録する義務が発生します。
いわゆる日常業務でもある訳で、登録された情報は別の金融会社が途上与信などでみることになり、滞納の状態もそこで発覚します。
1日の滞納であっても記録が残る訳ですが、二つ目の捉え方としては信用情報機関が滞納と捉える3ヶ月以上、入金がない場合です。
この時点になると個々に留まっていた滞納の履歴が他の信用情報機関とも共有されることになるため、利用者にとっては一番避けたい事態です。
また、滞納を続けることで電話連絡や督促状で催促していたものが裁判所を通して強制的に回収に走る場合があります。
契約の履行に反しての行動でもあるのですが、実際に借金の一括請求になることは余程の場合です。
連絡が取れない、返済の意思が見えないゆえの行動であり、利用者の現状に即した和解案で収まることも多いのです。
借金の滞納で相談したからといって一括請求を要求されることはありません。
金融会社が気に掛けているのは滞りがちな方へのケアであり、相談することによって代替案を出すこともあります。
一括請求を恐れて相談しづらい問題ではあるのですが、それを避ける方が後々のリスクは大きくなります。